ISチュービング3D⁺プラス

ISチュービング3D⁺プラス
 
ISチュービング3D⁺は、3Dモデルの中にISチュービングで計測した出来形や品質データを属性としてリンクさせることが可能です。国土交通省の推進しているCIMに対応できるよう弊社でも現況を3Dレーザースキャナーで計測し3Dモデルを作成、属性のリンクまでをオプションをして対応しております。杭施工の現場ではぜひ『ISチュービング3D⁺』をご活用ください。
 
 
3Dモデルの中に属性データとして地層データ(柱状図)や実測データやISチュービングで計測したデータなどを関連づけた3Dモデルも作成可能です。
  
作業内容
 ① 準備工
 現場に伺い、現地の状況確認、計測計画の作成、事務所でのお打ち合わせ等を行わせて頂きます。
 
※現場での確認内容

  ・ 現場環境の確認(地形の確認や機材の配置など)

  ・ スキャナー設置位置の確認

  ・ 基準点の位置確認及び相談
                                など
 
※お打ち合わせ内容

  ・ 基準点座標及びCAD図面の確認

  ・ 計測日や計測回数の相談
                       など
  
 ② スキャナー計測
  実際に現地に乗り込み、3Dレーザースキャナーで実測を行います。

 
 
 ③ 3D計画モデル作成
 各種ソフトを活用し、モデリングに必要データを作成。計画モデルの作成を行います。

※点群データの加工(点群結合及びフィルタリング)
 実測した点群データの加工を行い、必要なデータを抽出します。

※CAD図面及びボーリング調査データの確認
 事前に現場でお持ちのCAD図面データとボーリング調査データ(N値・柱状図)のご提出をお願い致します。
 


※打設杭及び支持層の3Dモデル作成
 事前に頂いたCAD図面及びボーリング調査データを元に、打設杭及び支持層の3Dモデルを作成致します。
 


※各データの合成
 これまでに作成した各データを合成し、3D計画モデルを作成致します。
 

 点群データへCAD図面を合成し、各打設杭の位置に3Dモデルを配置します。
 また、支持層の3Dモデルを組み合わせる事で、杭が支持層に届いてる状態を表現します。
 
 ④ ISチュービングによる施工管理
 現場施工にて、ISチュービングを用いた杭の施工管理を実施します。
 


※各データの合成※ISチュービングによる記録データ及び電流値の抽出
 杭施工を終えたISチュービングシステムから記録データを抽出します。
 また、電流値の記録データのご提出もお願い致します。

 
PC画面キャプチャ画像(JPEG形式) 正面および側面ごとのカメラ画像(JPEG形式)
計測データ登録時の測定データ(CSV形式) 電流値の記録データ
 
 ⑤ 3D出来形管理モデル作成
 ISチュービング施工管理・ボーリング調査・電流値の各記録データを
 3D計画モデルにリンクし、3D出来形管理モデルを作成致します。
 
 
 ⑥ 発注者検査への活用
 
・杭の実施工データや支持層データとリンクした3Dモデルを作成
 出来形管理の立会検査や竣工検査に是非ともご活用下さい。